化粧下地 洗顔バームでクレンジング Plan(計画)〜 Act(改善)

化粧下地 なぜクレンジング?

化粧下地を考える前にメイク汚れを考えましょうということです。

化粧下地のことばかり考えるとクレンジングが見逃しがちになり本末転倒になってしまいます。

そのためどの下地クリームを選んでも肌がくすむ、メイクがのらない

なんてことになりがちです。

 

ではクレンジングですが汚れのすっきり感を追求するあまり

肌がとても危険な状態にさらされていることご存知ですか?

 

そうです、お肌は悲鳴をあげています!

 

クレンジングクリームによってはメイク浮きに時間がかかり、

洗顔してもヌルヌル感が残って

結局、ゴシゴシとW洗顔、トリプル洗顔。

お肌にとって悪いことこの上なしですよね。

これではクレンジングもクリームしだい、やり方しだいで

化粧下地と相性がかなり違ってきます。

↓↓↓↓↓↓↓ クレンジングなら洗顔バーム ↓↓↓↓↓↓↓

 

 このサイトをお読みいただいているあなたへ

まずはでクレンジングでPDCAをやってみましょう!

  

お肌はターンオーバー、いわゆる新陳代謝があります。

このターンオーバーの周期を頭に浮かべながら 実践することを強くおススメします。

お肌のターンオーバー(新陳代謝)は4週間周期といわれお肌の生まれ変わりには

この4週間周期があるため直ぐに結果を求めずあきらめないことです。

直ぐに結果を求めない!ココ肝心です。

 

このクレンジングのPDCAの効果は肌年齢により異なりますが早い方て2週間から期待できます。

なぜ2週間かというと肌の表面の細胞が2週間で入れかわるためです。

 

ターンオーバーは4週間ですが2週間たつと見た目に効果があらわれます。

クレンジングのPDCAの効果が確認できたら

このサイクルが『クレンジングの改善』まで完成ということになります。

さあ、次のステップに進みましょう!

 

私が選らんだクレンジングバーム

アプロス社のクレンジングバーム『セルフューチャー 洗顔バーム』はクレンジングをしながら、

肌汚れを落とすのはもちろんオイルタイプやミルクタイプ、クリームタイプとも違う

バームの程よいとろみでお肌に摩擦が伝わることがなくメイク落しが時間短縮できます。

メイク落し時間短縮!ココとても肝心です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、洗い上がりさっぱりなのにお肌はしっとり、W洗顔なしで

お肌ケアに効果のあるクレンジングバームです。

 

↓↓↓↓↓↓ 洗顔バームの詳しい内容はこちら ↓↓↓↓↓↓

 

ひと口メモ

クレンジングは、メイクを浮かせて落しやすくするためのものです。 そのため残ったメイクは、洗顔料で落としている方が多くです。 洗顔バームは、クレンジング〜洗顔までの機能を備え、 この1度の手間が肌ダメージを軽減してくれます。

 

シルキーカバーオイルブロック,化粧下地,洗顔バーム,炭酸パック,シルキーカバーをお求めの方はこちらからどうぞ

3つのアイテムを使用してPDCAをする。

答えは、いつもきれいな自分、すっぴんでいられる自分。

↓↓↓↓↓↓↓ 化粧下地ならシルキーカバー ↓↓↓↓↓↓↓

当サイトに掲載の商品はアフィリエイトプログラムを導入して掲載商品の紹介に務めております。掲載商品の詳細情報は公式サイトにてお確かめ下さい。

Copyright(c) 2016 化粧下地.net All Rights Reserved.